40代からの終活 年賀状編

のりたまです。
筆者は、40代後半に入り、緩く終活を始めています。
年末が近づくにつれ、気持ちが焦り始めるのが「今年の年賀状、どうする?」問題。

最近は、LINE等のSNSが主流になってきたこともあり、年賀状を終わりにする。
つまり「年賀状納め」をする人も多くなりました。

新しい年末年始の挨拶スタイルととして、年賀状の衰退は今後も加速していくものと思われます。

一方で、年賀状が持つ温かさを重視する人も多く、心のこもった年賀状がお正月のひとときをそっと温めてくれる…という場面も。

筆者は昨年、いつも書いていた年賀状が書けませんでした。
しかし、それが結果的に「終活」の一環となり、年末仕事の削減へと繋がりました。

現在、「年賀状終了宣言」はしておりませんが、枚数を削減したことにより、負荷が軽くなりました。私が行った年賀状スリム化体験が、誰かのお役に立てればいいなと思います。

のりたまと年賀状
  • のりたまの年賀状状況(スリム化前)プライベート約50枚(内訳:学生時代の友人、幼なじみ、ママ友、会社勤務時代に仲良くなった人、親戚)
  • 終活スタイルは、今を大切にするが、思い出は今を楽しむアイテムだと思っているので、過度な断捨離はしない主義

 

年末に襲ったインフルエンザ

昨年末、私は初めてインフルエンザになりました。
今まで罹患したことがないという油断もあり、学校で流行っていたインフルエンザが子どもから移ってしまったのです。

3日間しっかり高熱をキープし、それはそれはとてもしんどいもので、快復してもどことなくすっきりしないという体調に

 

年末に仕上げる年賀状を選別する

毎年、年賀状は家族分で120枚程度ありました。
夫の仕事関係も私はが作成していたので、1日仕事です。

年末の体調不良により、

「私分の年賀状を書かない」

という対応をとりました。

  • 夫分
  • 子どもたち分
  • 親戚分

は、従来どおり製作。子どもたちも高校生の娘は自分で作るので、小学生の息子分のみ作成。

仕事・親戚はほぼテンプレートのままにしました。

 

お正月に来た年賀状をまとめる

年賀状は、いつものように毎年出してくれる人、送ったり送らなかったりと、気まぐれなやりとりになっている人などが、可視化されます。

私あてに届いた年賀状の中には、大切な人も入っていましたが、あえてすぐに返事を書かず、ひたすら「誰から来たか」をチェック。

平行して、他の家族の年賀状に関しては、従来どおりのやりとりを心がけました。(出していない人に返事を出す)

お正月の5日までに来なかった方については、来年からは失礼させていただくというルールを作りました。(喪中除く)

 

年賀新聞を作成する

お正月5日を過ぎたら、私の年賀状作成です。といっても、ある程度テンプレートは作っていたので、あとは宛名を書くだけ。

年賀状カードには以下の内容を盛り込みました。

昨年にかけなかった理由

私の場合は、「インフルエンザになってしまったので、書けなかった」旨を記載しました。併せて、相手への体調も気遣う文面も入れました。

SNS連絡先

学生時代の友達や、昔の仕事関連で仲良くなった人などは、意外とSNSの連絡先が分からないことがあります。特に年賀状だけの付き合いになると、わざわざLINEの交換などもしないです。
というわけで、私のLINEとFACEBOOKのアカウントをQRコードで載せました

私自身の近況

子どもたちが大きくなると、赤ちゃんの顔がドーン、家族写真ドーン…といった年賀状が少なくなります。

私を中心にした出来事をまとめたものを載せました。

 

年賀新聞に変えて得た、新しいコミュニティ

この年賀状カードに変更し、すぐにいつもと違った反応がありました。
まず、新しいLINE登録がありました。とてもとても古い友達です。

疎遠になりかけていたものが、形をあらたによみがえり、その時代を共有するグループになりました。

このグループは懐かしい話で盛り上がったり、お互いの健康を祈ったりまと、ママ友とは違うほのぼのさがあります。

幼少期友達、高校生友達と2つのグループができあがりました。

 

年賀状納め、年賀状の断捨離をするまに考えること

今は世の中の人の繋がりが希薄になり、アナログよりもネットの方が本音で話せている…という人も少なくありません。

あたりまえですが、昔の縁は、これから作ることはできないのです。

ということは、せっかくの縁を断捨離してしまう前に、もうひとつ、別の形で関係がつなげられないか?を考えてみるのも優しい選択です。

40代後半になると、体調の変化も生じ、それこそ鬼籍に入る人も徐々に増えてきます。
年賀状じまいをするめに、ワンクッション、引き続き繋がるようなコミュニケーションの形を考えてみる。

そのひとつが「自分の近況を中心に書いた、年賀新聞のような年賀状」

それでも、お役目を果たしてた縁もあります。
バッサリと終わらせるより、一人一人に感謝の気持ちをこめて、ゆっくりと年賀状じまいをする。

それは、自分への優しさにも繋がると考えます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です